販路開拓支援事業

 別名「セールスレップ」とも言われ、近年、メーカーと販売先とを結ぶ橋渡し役のコーディネーターとして注目される存在です。特に中小企業やベンチャー企業においては、優秀な営業マンを育てる資源が無い、販売ルート先を開拓できるノウハウが無いなどの理由で、優良な商材やサービスが埋もれていることが多く、販売員を社員として雇用、教育するだけの余裕をもたない中小・ベンチャー企業にとって、営業機会拡大のコーディネーター役として期待されています。
 セールスレップは一般の販売代理店とは違って、製品を仕入れて販売して利益を得るのではなく、商品を紹介し、契約成立後、成約にいたった段階でメーカーから販売手数料を受け取ります。セールスレップを使った販売システムでは、メーカーが直接顧客に対して販売する仕組みです。
 日本ではこれまで卸売業や問屋が介在する多段階の流通システムや、わが国独特の商習慣により、セールスレップのように「メーカーが顧客に直接販売するような仕組み」はとられてきませんでした。対してセールスレップは、自らの選択眼でセレクトした競合しないメーカーの複数の商材を扱い、しっかりとした商材の専門知識、企業・団体の販売ルート先を持ち、販売代行を行うという特徴があります。
 この販路開拓支援(セールスレップ)は、メーカーの商材をよく理解し、あくまでも顧客の立場に立って、顧客に満足される商材を提供することがその役割です。すでに存在する商材をただ切り売りするのではなく、顧客の状況にあった形で用途開発を行ったり、商材にさらに付加価値を加えて提供したりする姿勢が、セールスレップの真髄だと言えるでしょう。

連絡先

〒103-0012

東京都中央区日本橋堀留町1-5-7 YOUビル5F

代表受付時間: 9~17時

事務所休業日:土日祝日  

お知らせ